包茎の状態別の包茎治療の価格|仮性・カントン・真性

包茎治療の価格は包茎の状態によっても異なる?

自分は包茎だから包茎治療を受けたいと思った時、まずペニスの状態は大きく分けると3つに分かれます。日本人の7割ぐらいは仮性包茎だといわれますが、真性とカントン包茎というのもあります。

仮性は勃起していない状態では皮をかぶっていますが、勃起状態では剥ける状態です。真性は癒着してしまっていたりして全く剥けない状態で、カントンは途中まで剥けたとしても包皮口が狭くて最後まで剥けないことを指します。

包茎治療と一言で言っても、保険適用で行う包茎治療や自費治療でも切らずに行う方法、また傷跡が目立たないように切開する方法などいろいろです。価格は仮性包茎ですと一番安くて3万円ほど、あとは6~7万円と亀頭直下埋没法で15万円から25万円程度です。真性とカントン包茎ですと環状切開で20万円前後、亀頭直下埋没法で20~35万円程度です。

価格もばらつきが出てきますので、2つ以上のクリニックでカウンセリングをお勧めします。

保険が適用されなくても美容外科や専門クリニックがおすすめ

仮性包茎の場合は軽度の場合には保険が適用されません。真性包茎やカントン包茎の場合は、日常的な場面でも不具合が生じたり、垢が溜まって悪臭がでたり痛みがあったりといったこともありますので、保険適用で包茎治療が可能です。

保険適用で包茎治療をする場合には、泌尿器科などで行うことが多いです。しかしあくまでも治療として考えられているので綺麗な仕上がりという事を考えずに行われます。そのため傷跡が目立ったり、亀頭との境界線の色が違って目立つといったデメリットが生じることも想定されます。

価格は高くなりますが、保険を使わずに自費で包茎治療を行うという選択肢も有ります。美容外科や包茎専門クリニックでは、仕上がりの満足度も全く違ってきますし、オプションを同時に受けることも可能です。

男性器の悩みを持っていたり、より自分に自信が持てるように治療や施術を受けたいという場合は相談してみると良いでしょう。

まとめ

包茎治療は保険が適用されることもありますが、その場合は泌尿器科で受ける事になります。環状切開法が定番の方法ですが、この包茎治療は傷跡が目立ってしまったり、亀頭との境界線が目立つといったデメリットが生じます。

価格は高くなりますが美容外科や専門クリニックで、自費で包茎治療を受けるというのも選択肢の一つです。仕上がりが綺麗ですし、長い目で見た時には満足度も高いですのでお勧めです。カウンセリングを受けて一番納得できるところを選ぶのがポイントです。