知ってるかどうかで包茎治療の価格に差が出る!まめ知識

日本人の約半数の男性は仮性包茎で悩んでいると言われています。確かにあまり見た目に良くなく、コンプレックスなどなってしまうということもあり得るでしょう。しかしそうしたことは現在、手術がや治療法などが開発されており、しっかりと治療することができます。

包茎治療の内容はその種類によって変わってきます。価格は保険が適用できるかどうかなどといった点も変わってきますので、その点についてきちんと理解しどういった治療を受ければ良いのかなと言ったことを判断できるようになっていきましょう。後半ではしっかりと信頼できるクリニックを探すポイントなどについても説明して参ります。

自分の包茎タイプをしっかりと見極めよう。

包茎治療を受ける前に自分でも症状がどれくらい重くて、どれくらい軽いのかなどといったことを判断しておくことがとても大切になってきます。実は包茎と一口に言っても様々な種類があるのです。仮性包茎真性包茎、それからカントン包茎というものがあり、一番症状が重いのは真性包茎といえます。どのような状態であっても、包皮口が狭くてで皮を剥こうとできない形です。

幼少期なのは誰もがこうした形になっていて、そして成長とともに口も伸びてきて本来は亀頭が露出するはずなのです。このような状態であるとバイキンなどが溜まりやすい状態ですので、病気などにかかってしまうリスクなどもありますし、一刻も早い治療が必要になります。日本人で一番多いと言われている仮性タイプであれば普段は包皮に覆われているものの、勃起している時も正常の時も手を使えば亀頭露出することができるタイプです。

このタイプが一番症状は軽く、それほど大きな問題はないとはいえやはり性行為などもスムーズに行えないということがいえます。特に皮の余り方が激しい人であると、摩擦などが小さくなってしまったため、あまり快感を得られないなどといった問題もあるのです。

実は包茎治療を行っているクリニックは様々な種類がある

豆知識として頭に入れておきたいのは、必ずしも包茎治療を立っているクリニックだけが包茎治療を行っているわけではないということです。病院の泌尿器科などでも行われています。ただし病院の場合であると病気と診断されうる真性包茎を中心に手術を受け付けている、ということは気をつけておきましょう。

もしも真性包茎なのであれば、保険などもききますので、治療費はかなり安く済ませることができるようになります。大体価格は5万円から8万円程度と言えるでしょう。町の泌尿器科などであれば、あらゆる方向に対しての手術を行うことができるようになりますし、仕上がりなどにもかなり注意が払われている為、環状切開法などを用いることで手術したことがほとんどわからないような仕上がりにすることができます。また美容クリニックなどであっても、そのようなできるだけ痛みが少なく仕上がりも綺麗になるなどといった手術を行う設備を整えています。

しかしながら保険適用される手術に比べると、もちろん料金などが高くなってくることは押さえておきましょう。大体価格は15万円から20万円くらいはかかってくる可能性があります。病院などの泌尿器科で行ったようなケースであれば、基本的に亀頭を露出させることのみが目的となっていて仕上がりが今一つでツートンカラーなどになってしまう可能性もある、ということもしっかりと押さえておきましょう。

病院を選ぶ際に気をつけておきたいこと

やはり包茎治療を行う上で気になるのは、プライバシーの面ではないでしょうか。とてもデリケートな部分の治療ですし特に女性などに見られるのは、少し恥ずかしく感じてしまうということもあるかもしれません。そのような患者の気持ちにも配慮しているような所にしたいのであれば、美容クリニックや町の泌尿器科などの方が良いでしょう。

病院の泌尿器科などであると、あまりそういった配慮はなく女性の看護師などにも見られてしまうということもありますし、手術を行う技量のない研修医などが執刀するなどといったこともあり得ます。そのようなことも考えると、やはり町の美容クリニックなどの方がお勧めです。医療に関する知識が豊富な先生にお願いすることも大切です。学会認定医であれば、一定のレベルが保証されており、しっかりと泌尿器関係の知識が豊富だということが言えるでしょう。

できるだけ深い知識がある人の方が、あらゆるケースに対応できるため安心です。また仕上がりなどにも注意して、手術跡がどこに残るかと言ったことやツートンカラーにならないようになどといった事についてもよく注意して手術が行われている所が最適です。以上のようなことはホームページなどでもしっかりチェックできるようなことですので、必ず忘れずに確認するようにしていきましょう。

まとめ

実は包茎治療というのは価格がそれぞれ異なる、と言う事はお分かりいただけたでしょうか。保険が適用されるかされないかなどといった点が価格に大きく影響してきており、それによってまた通う場所などによっても通院しやすいかどうかなどといった点でもそれぞれ差があります。放置していると細胞などが溜まってしまい、そこから病気などにつながってしまう可能性もありますので、できるだけ早めに治療しましょう。まずはサイトで通いやすそうかどうかをしっかり判断した上で最初のカウンセリングの時に病院の雰囲気などを見ながら、手術をお願いするかどうかなどということを決めていきましょう。